ズームサイトへのリンク
HOME > 講座・イベント

2020年の講座・イベント レポート

2020年度 秋学期フォローアップ勉強会の報告をアップしました

2020年12月16日

   2020年度 秋学期フォローアップ勉強会は、今出川校地の教室とZoomの同時開催となりました。

   新型コロナウイルスの感染症拡大予防のため春学期は開催できませんでしたが、秋学期は多くのサポートスタッフにご参加いただきました。

 

■パソコン通訳勉強会の様子
   PC通訳の基本を勉強し、遠隔文字通訳システムのcaptiOnline(キャプションライン)の基本操作と連係入力の練習をしました。また、タイピング練習ソフトMikaType(ミカタイプ)を使用し、タイピングの速度を上げる方法などについても話がありました。
 
 
 
【講師を担当してくれたスタッフの声をご紹介します】
 
サポートスタッフ : 谷口 真由  (法学部・4年次生)
   今回、私はcaptiOnlineという新しいソフトを用いたパソコン通訳の勉強会の講師を担当しました。自分自身も使い慣れないソフトで、手探りの状態でのレクチャーとなりましたが、一緒に講師を務めてくれた後輩と協力し合って進めていくことができました。また、今回は初めて対面とオンラインのどちらでも参加できる勉強会にしました。オンラインでも実施したことで、対面の良さは残しつつも、今までの対面のみの勉強会では難しかった離れた校地からの参加が叶い、通学、時間割の都合で参加が難しかったスタッフもアクセスしやすくなったため、より多くの人に参加してもらえるというメリットもありました。最初は慣れないことで多少は戸惑いもありましたが、回数を重ねることでうまく対応できるようになっていったので、従来のやり方にとらわれず、いいものをどんどん取り入れて、より良い勉強会作りを後輩に託したいです。
 
【勉強会に参加してくれたスタッフの声をご紹介します】
 
サポートスタッフ : 梶川 桃香  (心理学部・2年次生)
   私がPC通訳の勉強会に参加した理由は、多くの授業や学内行事が中止・延期していく状況下で、何かひとつでも障がい学生支援室の活動に参加したいと思ったからです。
   勉強会はZOOMを駆使して丁寧に進めてくださり、短時間でcaptiOnlineというPC通訳ソフトの使い方をマスターすることができました。文字での会話のやりとりや、実践練習後にはブレイクタイムやフィードバックの時間を設けてくださったので、初対面のスタッフとも打ち解けた雰囲気で楽しめました。このcaptiOnlineという一見ハードルが高そうに感じてしまうソフトも、実際に使用してみるとすごくシンプルで使いやすいことが分かりました。
  この勉強会に参加したことで、自分が活動できる領域が少し増えたのではないかと思います。
 
サポートスタッフ : 織田 遼子  (文学部・1年次生)
   以前からサポートスタッフの先輩方の話を聞く機会が多く、PC通訳について関心をもっていたところ、勉強会のお知らせがあり、コーディネーターの後押しもあって参加を決めました。
   captiOnlineの使用は初めてでしたが、二人一組で通訳する場合、ペアがどこまで打っているかをPC画面で見ながら入力できるので、初心者でも入力の分担がわかりやすく、使いやすいと思いました。様々な機能があり、よく授業で出てくる言葉を事前に登録しておけば作業を省略できるのですが、こうした機能を使いこなせるようになるにはさらに練習が必要だと感じました。今回は練習のペアがPC通訳に慣れた先輩だったのでたくさんフォローしてもらい、スムーズにタイピングができました。
   実際の授業で、PC通訳ができるようになるまでの道のりはまだ長そうですが、このような勉強会の機会があれば、今後も積極的に参加して、自信をもって実際の通訳活動ができるように準備していきたいと思います。
 
 
■ノートテイク・代筆勉強会の様子
   ノートテイク・代筆の基本を勉強し、書きまとめる練習をしました。また、書画カメラを使用し、実際にどのようにノートテイクを行っているのかを見ていただきました。
 
 
 
 
【講師を担当してくれたスタッフの声をご紹介します】
 
サポートスタッフ : 山口 理沙  (グローバル地域文化学部・4年次生)
   私は、秋学期の対面授業のサポートとしてノートテイクの活動をしました。新型コロナウイルス感染症対策のため、これまでと違って席は利用学生の隣ではなく、間を空けて座ったり、サポートスタッフが前後に座り15分ごとに立ち上がって交代するなどして細心の注意を払いました。また離れて座るため、利用学生から文字が見えにくいのではないかと思い、用紙をできるだけ利用学生に近づけるなどの、工夫を取り込みました。
   勉強会では講師を担当しましたが、書画カメラをPCにつないで他のサポートスタッフのノートテイクの様子を見たり、コーディネーターの話を聞いたりすることで、自分自身も大変勉強になりました。勉強会を通して気付いたことを活かし、より多くの情報を伝えられるノートテイカーになりたいです。
 
【勉強会に参加してくれたスタッフの声をご紹介します】
 
サポートスタッフ : 小内 幸子  (社会学部・3年次生)
   私は、昨年末にサポートスタッフとして登録をしました。しかし、まだ実際に活動する機会はなかったため、サポート内容についての学びを深めたいと考え、勉強会に参加しました。
   実際にこの勉強会で初めてノートテイクを体験しました。私は耳が聞こえない感覚はわからないため、どこまで詳しく書けば良いのか、何を重視すれば良いのか、戸惑いながらの挑戦でした。
   実際に参加してみると、単純に授業の内容をメモするのではなく、迅速に必要なことを漏れなく書くためのポイントや、利用学生にわかりやすく伝える工夫など、細かなチェックポイントがあることに驚きました。しかし、ただルール通りにやればよいというわけでもなく、何よりも利用学生一人一人のニーズを聞くことが重要だという気づきもあり、良い経験となりました。

講座・イベント

ズームサイトへのリンク