HOME > 教員のみなさまへ > 肢体不自由学生への授業配慮

肢体不自由学生への授業配慮について

以下のような点について可能な限りご配慮をお願いいたします。

【授業前】

代筆サポートのための事前資料として、障がい学生本人のテキストのコピーをサポートスタッフに配付しています。可能な場合は、スタッフ資料用として1冊ご貸与ください。

【授業中】

教室の座席

  • 教室配当や座席が肢体不自由学生にとって不適切な場合、障がい学生本人に確認のうえ、座席や教室の変更等ご配慮ください。また、学内外混雑時は特に移動に時間がかかることもご理解ください。
  • 授業中のレポート提出

  • 授業中にレポートや感想を書かせる等、代筆が必要な場合は障がい学生本人とご相談のうえ、Eメールで提出させる等の代替措置でご対処ください。

内部障がい学生等のための授業配慮について

以下のような点について可能な限りご配慮をお願いいたします。

【授業中】

教室の座席

  • 教室配当や座席が障がい学生にとって不適切な場合、障がい学生本人に確認のうえ、座席や教室の変更等ご配慮ください。また、授業中に入退室をする場合があることもご理解ください。

教員のみなさまへ