HOME > 講座・イベント

2015年の講座・イベント レポート

2015年 第1回 上京区ふくしをなんでもしっとこ講座 の報告をアップしました

2015年09月07日

2015年09月07日(月) 13:30~16:30

同志社大学 寒梅館寒梅館地下1階 ハーディホールにおいて、「平成27年度 第1回 上京区ふくしをなんでもしっとこ講座」が開催されました。講座の第1部は、サポートスタッフによるパソコン通訳つきの対談。第2部は、日本語字幕・音声ガイドつきのユニバーサル映画「ふるさとをください」が上映されました。また当講座では、京都市上京区社会福祉協議会の依頼により、サポートスタッフがパソコン通訳および会場サポートを行いました。

 

 

【PC通訳をしてくれたサポートスタッフの声をご紹介します】

 

サポートスタッフ : 松井映莉子(スポーツ健康科学部 2年次生)

「ふくしをなんでもしっとこ講座」の対談でPC通訳をさせていただきました。

 今回のテーマは精神病についてで、精神病の方々のグループホームの職員さんと精神科医との対談です。その後、精神病の方々が地域に受け入れられづらい現実を描いた映画「ふるさとをください」のユニバーサル上映がありました。

患者さんの中には、精神を病む前までは活発に活動していた人も多くおられることや、誰でも容易にかかりうる病気だということを私も初めて知りました。

講座では精神病に対する偏見をなくし、コミュニティ全体でサポートすることで病状を良い方向に持っていけるのだと教わりました。そのためにはまず精神病についての正しい知識を知り、誤解をただすことが第一歩だと思いました。

 

 

※ユニバーサル上映
邦画に日本語字幕と状況説明をする音声ガイドを付与することで、
視覚や聴覚に障がいのある方々等も映画を楽しめるようにした上映。

講座・イベント