HOME > 講座・イベント

2015年の講座・イベント レポート

障がい体験講座の報告をアップしました

2015年06月01日

2015年06月01日(月)~07月06日(月)

京田辺校地において、障がい体験を通したフォローアップ勉強会を開催されました。


【6/8聴覚障がい体験講座の様子】

 

 

【参加者の感想】
 今回の新たな発見は、「聞こえないこと」は「分からない怖さ」でもあるということです。私自身がイヤホンを付けている時、周りの人達が相談していて何も読み取ることができず、その時に《分からない》という不安に駆られました。聴覚障がいの利用学生さんが、以前「ノートテイクでも、パソコン通訳でも、とにかく何でもいいから伝えてほしい、聞こえた通りに書いてほしい、迷って何もしてくれないのが一番不安だ」とおっしゃってたことを思い出して、以後サポートや勉強会で気をつけるようにしていましたが、今回、改めてその不安を理解できた気がします。
 また、私が伝える側にたった時に、正確に伝える難しさも認識しました。予期せぬ形で相手に解釈された時、自らの伝える力の至らなさを痛感しました。いかに速く正確に分かりやすく伝えるかを今後学び続けていければと思います。

 

【6/15視覚障がい体験講座の様子】 

 

【参加者の感想】
 今までは、視覚障がいの人はなんて不自由なんだろう、と漠然と捉えていました。知り合いの眼科医の方が、「見えない、見えにくいはずの人もなかなか病院に来ない」と言っていました。なぜなら、それが自分の世界だと思っているからです。弱視の人も全盲の人も各々が「見ている」「感じている」世界それぞれが真実なんだと、そんな気がしました。そして、考えることなく安易に不自由だと決めつけていた自分に気がつきました。
 では、私にできることはなんだろうと考えた時、まずは困っているようならお手伝いする、あるいは彼らの世界の障がいにならないよう自分の行動を見直すことだと思いました。

講座・イベント