HOME > 支援の内容 > 支援制度運用ルール

支援制度運用ルール

「Do,CARE」とは、Doshisha, Challenged Assistance for the Right Educationの頭文字をとったものであり、「等しい条件の下で教育を 受けられる同志社大学障がい学生支援」という意味です。また、頭文字のCAREは「思いやり」という意味を込めています。両手で包み込み、支えることを同志社大学の障がい学生支援室は目指しています。

同志社大学は、障がい学生の支援にあたり、以下に示す概要に基づく運用を行います。ただし、これらは、支援制度の基準、根幹を定めたものであり、障がいの程度や支援の内容に応じ、慎重な配慮のうえケース・バイ・ケースの対応を検討のうえ決定します。詳しくは上記ボタンからPDFをご覧ください。

支援の内容